医療保険

日本生命の保険で帝王切開の費用はカバーできる!給付金の金額はいくら?

帝王切開の保障が手厚い保険に加入したい!」「日本生命の帝王切開の保障の評判って良いの?」という方向けの記事です。

どの保険会社のどの保険が最も手厚く帝王切開を保障してくれるのか気になりますよね。

結論としては、日本生命の保険が最も手厚く帝王切開を保障してくれます。

この記事では以下の内容について説明します。

  • 自然分娩と帝王切開の費用の違い
  • 日本生命の保険は帝王切開時の保障が手厚い
  • 日本生命の保険各種の帝王切開時の給付金はいくら?

帝王切開への備えを万全にするためにも、ぜひ最後までご覧ください

関連:日本生命「がん医療保険」の評判は?メリット・デメリットから分析

内容をまとめると

  1. 日本生命の保険では、自然分娩に医療保険は使えないが、帝王切開の場合は医療保険で費用が賄える。
  2. 日本生命の医療保険は、事前に加入しておけば2回目の帝王切開にも対応できる
  3. 帝王切開となってしまった場合、自然分娩よりも10万円程度多くかかる
  4. 妊娠後は無条件で保険に加入することが難しく、加入できても帝王切開を保障できない場合が多いので早めの検討が必要
  5. 妊娠・出産を考えていて、保険についてお悩みがある人は、まず保険のプロに無料相談してみるのがおすすめ
  6. 今ならスマホ1つで無料オンライン相談できるので、この機会に保険の悩みを解決しましょう!

日本生命の保険は帝王切開時の保障が手厚い

そこで、日本生命の保険で帝王切開時の保障が手厚いと言われている保険について見てみましょう。

まず出産時に帝王切開となった場合、一般の医療保険は入院も手術も保障の対象となっています。ですから日本生命の保険では、帝王切開時にはそれ以上の保障が受けられるということになります。

帝王切開の手術による出産で保険金を受け取れる保険は、「みらいのカタチの総合医療保険」(女性特定疾病倍額型)で、「ニッセイ出産サポート給付金付三大疾病保障保険Chouchou(シュシュ)」でも給付金が受け取ることができるようです。

これは、帝王切開の費用はもちろん、自然分娩時の費用もカバーしていく保険となっています。これなら出産費用の面で大きな不安を感じることもなくなります。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。
たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

自然分娩と帝王切開の費用の違い

自然分娩と帝王切開では費用もかなり変わってきます。

自然分娩は健康保険の対象外ですが、帝王切開は健康保険の対象となります。

では、どのくらいの費用の違いがあるのでしょうか。

自然分娩の場合

自然分娩の場合の費用は、一般的に全額自己負担となっています。

費用は各都道府県によって違ってくるようですが、公益社団法人国民健康保険中央会の「出産費用の全国平均値、中央値」の平成28年度の費用を見てみると平均で505,759円となっています。

これは、病院や診療所、そして助産所の合計となっていますが、日本の健康保険では出産育児一時金が支給されているため、申請をすると、妊娠

4ヶ月(85日)以上で出産した場合に、子ども1人につき42万円が支給されます。その他、高額療養費制度や医療費控除も受けることができます。

帝王切開の場合

では帝王切開の場合はどうでしょうか。

帝王切開は自然分娩と違い健康保険の対象となり、自己負担額は3割となっています。

帝王切開の手術費用は、自然分娩と違い、地域や医療機関に関わらず一律同じで、平成30年度の費用は、選択帝王切開(予定帝王切開)の手術費用は201,400円、緊急帝王切開の手術費用は222,000円となっています。尚、その他複雑な手術の場合は、プラス20,000円がかかってきます。

自然分娩の場合は入院日数も6日ほどですが、帝王切開の場合は、手術を伴うため入院日数が必然的に多くなり、それに伴い入院費も必要となってきます。

そうなると、病気やケガで入院する場合と同じように、差額ベッド代や食費も別途必要となってきます。

これらの内容を理解した上で、「ちょっと気になるな」「医療保険に加入してみようかな」と思った方はまず無料の保険相談をすることがおすすめです。

「保険」というワードに「無料」というワードがくっつくとなんとなく怪しいなと思ってしまう方もいるかもしれませんが、ここで紹介する専門家は保険会社から手数料を受け取ることで相談に乗ってくれるという仕組みになっています。

これまでこの保険相談利用した方の感想を聞いても保険への加入を無理に勧められることはなく、親身になって相談に乗っていただいたという声を数多くいただいております。

日本生命の保険各種の帝王切開時の給付金はいくら?

日本生命の保険で、帝王切開時にかかる費用をカバーできる給付金はいくらなのでしょうか。
各種保険ごとにどのくらいの給付金を受け取ることができるのか見てみましょう。

みらいのカタチ

まず「みらいのカタチ」から見てみましょう。

「みらいのカタチ」は総合医療保険となっていますが、内容は一般的な医療保険と同じです。まず日額を設定して、その日額に応じて手術給付金の額も決まってくるタイプです。

例えば入院日額を5,000円で加入した場合に、5日間入院するとすれば、5,000円×5日=25,000円と手術給付金が5,000円×20倍=100,000円で125,000円を受け取る事ができます。

そのうえに、女性特定疾病倍額型にしておけば、普通にもらえる保険金の2倍の保険金を受け取ることができるため、余計にかかってしまった医療費もすべてこの保険一つで補えることができます。

通常分娩の場合は、入院も手術も医療保険からの保険金はおりませんが、異常分娩(帝王切開や切迫早産等)になってしまった場合、入院も手術も保険金を受け取ることができます。

加入のタイミングも、妊娠した後や出産間近でも、母子健康手帳で異常が指摘されていなければ加入することが可能となっています。

万が一流産や死産となってしまっても、保険金を受け取ることができます。また1回目の出産時までに加入しておけば、2回目の帝王切開にも対応できます。

関連:日本生命「みらいのカタチ」の三大疾病保険の 評判やデメリットを解説!

シュシュ

次に「シュシュ」を見てみましょう。

「シュシュ」は、出産と3大疾病をカバーする女性向けに販売されている保険で、出産サポート給付金を受け取ることのできる、三大疾病保障保険です。

出産サポート給付金は、自然分娩でも帝王切開でも出産すれば給付金を受け取ることができます。

もしも、出産の際に万が一がんが見つかった場合でも、出産給付金を受け取った後、3大疾病保障の保険金を受け取ることができます。こういう場合は、本当に強い味方になってくれること間違いないですよね。

出産すれば受け取ることのできる金額は、1人目が10万円、2人目が30万円、3人目が50万円、4人目が70万円、5人目以降で100万円となっています。

この保険の特徴は何度出産しようと、期間以内であればお祝い金が出続けるのがポイントとなっています。なお、帝王切開に対して保険金が出るわけではありませんから、治療費目的なのであれば医療保険に加入することをおすすめします。

その他、特定不妊治療給付金も1回につき5万円受け取ることができます。ただし、加入年齢が16歳から40歳までと制限があるようです。

ここまでの内容をみて、自分に医療保険が必要かもと思う人は保険のプロに相談しましょう。保険の相談は当サイトが唯一おすすめしている保険相談サービス「ほけんROOM相談室」を利用するのがおすすめです。
たった1分で申し込み可能で、保険に関して誰よりも詳しい専門家に何回相談しても無料なので、損をするリスクがなく安心して相談できます。

まとめ:日本生命の保険で帝王切開の費用はカバーできる!給付金の金額はいくら?

ここまで、日本生命の保険には帝王切開の保障が手厚い商品があることや気になる給付金の金額について解説してきました。
ポイントとしては、

  • 自然分娩に医療保険は使えないが、帝王切開の場合は医療保険で費用が賄える。
  • 日本生命の医療保険は帝王切開時でも保障が手厚い。
  • 日本生命の保険は帝王切開で給付が下りるので出産費用はカバーできる。

このように、日本生命には女性の味方である保険が存在するということが分かりました。
もし、今後帝王切開や切迫早産が不安という方は、一度日本生命の医療保険を参考にしてみてはいかがでしょうか。
少しでも不安を取り除けるように、ご自分でじっくり選んで、自分に合った保険に加入することをおすすめします。

-医療保険

Copyright© 保険相談おすすめキャンペーン.com , 2020 All Rights Reserved.